突発性難聴 治療 食べ物

耳鳴りの原因は「感音難聴」で聞こえなくなった音と似ている場合が多く高い周波数の音が聞こえなくなります。
そうすると「キーン」といった耳鳴りが生じる場合が多くみられます。
この感音難聴の主な原因は、蝸牛内にある有毛細胞の損傷といわれています。
有毛細胞は一度損傷すると元には戻りません。
ですので感音難聴は治療できず、補聴器の装用で聞こえを改善する必要が出てくるのです。
また突発性難聴の原因はまだはっきり分からないことも多いですが、「血流の流れの悪化」や「ストレス」が原因とも言われています。

難聴・耳鳴りの予防改善に良いとされている食べ物

難聴・耳鳴りの予防改善に良いとされている食べ物

この耳鳴りや難聴の予防や改善に効果的な食べ物があります。
耳に良いとされている食べ物は以下の通りです。
ぜひ突発性難聴の治療中の方にも積極的に取り入れて欲しいものです。

耳の良い栄養素 多く含まれる食べ物
亜鉛 カキ、たらこ、レバー、チーズ、枝豆、アーモンド、豆腐など
葉酸 鶏レバー、菜の花、モロヘイヤ、ホウレン草、ブロッコリー、枝豆など
ビタミンC パプリカ、菜の花、ゴーヤー、ブロッコリー、キウイ、イチゴなど
ビタミンB12 あさり、シジミ、カキ、しらす、アジ、サバ、レバー、焼きのりなど



ではひとつひとつ耳に良いとされる食べ物について考えていきましょう。

耳に良いとされる食べ物「亜鉛」

耳の良いとされる食べ物「葉酸」

葉酸は赤血球の形成過程に大きな関係性があります。
葉酸は造血ビタミンと呼ばれ。血を増やす効果があります。

耳の良いとされる食べ物「ビタミンC]

 「ビタミンC」は、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンをつくるのに不可欠です。
またストレスへの抵抗力を強めます。
ビタミンCは、ストレスが多い人ほどたくさん摂るようにして欲しいものです。

耳の良いとされる食べ物「ビタミンB12」

「ビタミンB12」は、神経および血液細胞を健康に保ち全細胞の遺伝物質であるDNAの生成を助ける栄養素です。
疲労や体力低下を引き起こす貧血の一種である巨赤芽球性貧血の予防にも役立ちます。

耳鳴り・難聴・突発性難聴を予防するためにも食べ物にも気を付けてください

疲労・ストレス・体調不良は突発性難聴の誘因です。
ですので生活習慣や食生活の見直しも考えてみましょう・。
突発性難聴の原因や詳しいメカニズムはいまだ解明されていません。
ですので確かな予防法の確立はまだされていませんが、少なくとも耳に良いとされていて健康にも良いとされている正しい食生活を試して損はないとおもぃます。
難聴や耳鳴り、突発性難聴の原因として有力視されている
「ウィルス説」
「循環障害説」
ともあることから疲労やストレス・体調不良が耳鳴りや難聴や突発性難聴の誘因ともいえなくもありません。
ですから
正しい栄養バランスを考えた食生活
たっぷりの睡眠
ストレスを溜めこまない
という心がけは重要だと言えます。

軽度の難聴なら補聴器以外の対策も有効

中等度以上の難聴の場合は早めの補聴器装用を検討した方が多いですしそのほうが良いと思います。
ただ軽度の難聴ならわざわざ補聴器を装用する人は少ないです。
仕事上、必要に駆られて装用する以外は、ほとんどの方がそのまま放置している方がほとんどです。

ただ残念ながら「感音難聴」は症状が改善されることは少なく、軽度難聴は生活の中で工夫して快適な生活をしていくようにしましょう。

難聴の方にお勧めのテレビ用スピーカー

難聴の方にお勧めのテレビ用スピーカー

難聴気味の方で一番のお困りはテレビの音ではないでしょうか?
特に他の家族と一緒にテレビを観る場合には難聴の方だけ聴き取りにくいものです。
でも、家族の迷惑を考えればテレビの音量をそれほど上げるわけにはいきません。
難聴の方が部屋のテレビの音のボリュームを上げずに聞こえやすい音に変換するスピーカーがあるのをご存知ですか?

そこで今回 ご紹介するのが【ミライスピーカー】という商品です。
価格は29,700円
もちろん、使って満足できなければ30日全額返金保証もついています。
商品はこんな感じのものです。

とこんな風にメーカーのCMを観ても
「ほんとかよ~?」
と思いますよね。
外見は小さなスピーカだけなんですから。
そこで、以前のニュースで取り上げられた動画も紹介しておきますね。
こちらのほうがより分かりやすいと思います。

ミライスピーカーの原理

ワールドビジネスサテライト トレタマ

ご興味のある方は公式ホームページもチェックしてみてください。

\聞こえにくいテレビの音を聞こえやすい音に変換/
ミライスピーカー 公式ホームページはこちら

ミライスピーカーはあなたの知らない場所でも活躍しています

ミライスピーカーはすでに公共の場やセミナー会場でも活躍しています。
ですから音は同じでも聴こえやすい音の違いは普通の方にはなかなか気づかないものです。

日本航空株式会社様が、国内13空港に「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」を導入
=================================
世界初!特許技術『曲面サウンド』で
音のバリアフリーを実現する「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」
日本航空株式会社 国内13空港への導入が決定
東京(羽田)・札幌(新千歳)・福岡・沖縄(那覇)・帯広・函館・仙台
・岡山・山口宇部・出雲・高知・長崎・熊本 合計13空港
=================================

株式会社サウンドファン(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山地 浩、以下「サウンドファン」)が開発・製造・販売し、音のバリアフリーを実現する「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」が 、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長: 赤坂祐二、以下「JAL」)国内13空港に導入されました。

空港をご利用になるお客さまのアクセシビリティー向上のため、JALでは既に14の国内空港にてお客様アナウンス用スピーカーとして「ミライスピーカー・ボクシー2(Boxy2)」をご活用頂いております。しかし、地方の空港などではスペースや電源の場所に制限があり、もっと機動的に活用したいという課題がありました。そこでサウンドファンでは、電源が無い場所でも自由に活用でき、ワイヤレスマイクにも対応した新モデル「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」を、羽田空港国内線旅客ターミナルの手荷物預けカウンターにて実証実験を実施しました。その結果、効果が認められ下記国内13空港に導入されることが決定しました。

■導入する国内13空港
東京(羽田)・札幌(新千歳)・福岡・沖縄(那覇)・帯広・函館・仙台・岡山・山口宇部・出雲・高知・長崎・熊本

■ 背景・効果
・空港内のお客様の混雑と騒音の中で、大きな音量を出さずに遠くまでクリアな音を届ける「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」が評価され、空港内での実証実験を経て今回本格的に導入された
・ワイヤレスマイクを採用しているため、現場スタッフの方が自由に歩き回りながらスピーカーから離れた場所からでもアナウンスを行える事で業務効率が大幅に向上した
・離れた場所に設置された複数台のスピーカーから、同時に同じアナウンスの音を出すことが可能になり、空港内のお客様へ聞こえる範囲が拡大した
・リチウムイオンバッテリー内蔵で電源コンセントにつなぐ必要がないため、スピーカーの置き場所が自由になった
・スピーカーが小型・軽量化したため(一般的な他社製品に比べて50%程度)、置き場所の選定や持ち運びが楽になるなど使い勝手が向上した
・アプリとの連携など、最先端技術との連携が期待できる
サウンドファンでは、今後も「言葉が伝わる」スピーカーの開発・提供を通じて、音のバリアフリーを実現していきます。

※その他詳細は、サウンドファンプレスリリース_日本航空株式会社様が国内13空港にMobyを導入をご覧ください。


長崎空港のJALカウンターで活用される「ミライスピーカー・モビィ」

岡山空港のJALカウンターで活用される「ミライスピーカー・モビィ」

難聴者の方のために開発されたこのミライスピーカーです。
もちろんメーカー側もその自信の表れからか30日間の完全返金保証も用意していますから気軽に試すことが出来ます。
ただし公式ホームページからの購入に限定

ご興味のある方は公式ホームページもチェックしてみてください。

\聞こえにくいテレビの音を聞こえやすい音に変換/
ミライスピーカー 公式ホームページはこちら